活動内容

最新幹事名簿

去る、6月6日に開催された常任幹事会において、新幹事6名が承認されましたのでご報告いたします。

以下よりダウンロード頂けます。

平成28年度定期総会は8月11日(木)に決定。

例年8月15日に開催しておりました同窓会定期総会ですが、曜日によっては参加しづらい等のご意見があり、今年は新たに「山の日」として祝日になりました8月11日(木)に開催することを決定いたしましたので、お知らせいたします。

平成27年度 幹事会報告

幹事会の様子。去る12月11日(金)きさいや広場市民ギャラリーにて幹事会を開催いたしました。永田会長の挨拶の後、会務報告(①全般、②組織強化、③ホームページの活用、④総会運営委員会、⑤会則改正、⑥周年事業企画、⑦同窓会会計について、⑧PTAとの交流)が各担当者から報告がありました。
幹事会終了後は、きさいや広場内の「食のひろば」に場所を移して懇親を深めました。懇親会には宇和島東校の井上PTA会長様以下役員の皆様のご出席もいただき親交を深めることができました

第1回幹事会

平成27年8月の定期総会後、新しく就任した幹事による第1回幹事会が母校の宇和島東高等学校会議室で開催されました。

会長より自己紹介と「幹事立候補表明書」のご案内

平成27年8月15日の総会で会長に承認されました24期の永田幸子です。

昭和57年に東京から宇和島にUターンし、仕事や育児・介護に追われ、母校に足を運ぶ機会も無く過ごして参りました。ところが、平成24年4月、校友が母校初の女性校長となり、その縁から平成25年8月、同窓会に役員として関わることになりました。

 久しぶりに総会に参加して、以前はにぎわっていた総会の参加者が昨年は136名と減少していること、特に若い方の参加がないことに危機感を抱きました。同窓会活性化のために役員として何か出来ることはないかと会則改定に取り組みました。

 幹事は同期の推薦により選任され、本来なら2年ごとの役員改選時に退任します。しかし、総会時に改選されることもなく、いわば、自動再任という扱いになっていたようです。そのことが、会員の同窓会への無関心を招いた一つの原因ではないかと思います。

同窓会活性化のために会員の皆様には、まず、同窓会に関心を持って頂き、出来れば今回の改正で各期5名までと定めた幹事の一人に立候補して頂きたいと思います。

幹事の選任手続きを会則に定めましたので、8月末日までに宇和島東高等学校同窓会事務局まで所定の用紙で幹事立候補表明書(推薦書を兼ねています)をご提出頂いたらと思います。「新着情報」の「定期総会の会則改正及び新役員について(ご報告)」をクリックいただくと4ページ目にある所定の用紙「幹事立候補表明書」を印刷できます。

8月の総会及びその後の懇親会は、15歳からの多感な時期を同じ学舎で過ごした者が一堂に会する、すばらしい機会だと思います。今年参加されなかった方も、来年は是非参加頂いて、共に校歌を歌いましょう。
 

同窓会ホームページ開設に期待すること

 同窓会ホームページ開設に期待することこのたびは、宇和島東高等学校同窓会ホームページ開設おめでとうございます。また、同窓会の皆様には、日頃から本校教育活動に御理解・御支援を賜り感謝申し上げます。

 さて、今年も卒業生を送る季節となりました。毎年、卒業式の前日には、卒業生に同窓会入会のお祝い会を開催していただき、ありがとうございます。その折に、同窓会へのお礼を兼ねて卒業生に伝えていることがいくつかあります。

 1つ目は、宇和島東高校出身であると堂々と名乗れるような生き方をしてほしいということです。伝統というのは、在校生と同窓生が創り出しているものです。一人一人が輝かしい伝統の担い手であるという自覚を持った人生を送ってください。

 2つ目は、社会に出て不安になったり、迷ったりしたときには、同窓の先輩を頼ってほしいということです。全国に3万2千人を超える同窓生がいます。必ず、頼りになる、目標としたい先輩がいて、導いてくれます。そして、先輩に導いてもらって、自分の歩むべき道を見つけ、後輩の面倒を見られる頼もしい人物になってくれることを願っています。

 皆様のお陰で、今年は265名の卒業生を送り出します。このホームページが、互いに励まし、称え合い、誇り高く生きる拠り所となることを期待しております。

 私も、後1か月で卒業となりました。これまでの本校への御支援に感謝申し上げますとともに、今後とも変わらぬ一層の御支援をよろしくお願いいたします。

平成27年2月吉日 宇和島東高等学校長 川上 千代

ページ