活動内容

宇和島東高校同窓会 第1回理事会

10月19日 (土)

令和元年度宇和島高等学校同窓会第1回理事会が、宇東高会議室にて開催されました。

出席者は、理事24名、正副会長5名、事務局3名 。

1号議案 同窓会の資金状況について

2号議案 資金の有効利用について

3号議案 関東同窓会との関係について

4号議案 来年度会費納入案内について

5号議案 理事立候補手続き見直しについて

6号議案 常任理事承認について

7号議案 第2回理事会開催日の決定について

8号議案 令和2年度定期総会について

9号議案 50年目の卒業式について

その他

 

 

宇東同窓会会報 愛称決定!

11月5日(火)

第2回同窓会会報委員会を開催しました。

各委員の担当ページを具体的に割り付け作業等を行いました。

 

そして、会報の「愛称」が決定いたしました。

東風  (はるかぜ)

 

七十二候第一候は 「東風解凍 (はるかぜこおりをとく)」

七十二候が立春・初候に変わり、暖かい春の風が、冬の間に張りつめていた川や湖の氷を解かし始める頃。東風とは春風のことです。

「はるかぜ」と読んでいますが、東の風と書いて、春先に吹く東寄りの柔らかな風のことをいいます。

春本番ののんびりと穏やかな風とは違い、まだ冷たさの残る早春の風。春を告げる風です。

 

「東風」は春の季語で、

菅原道真の「東風吹かば匂ひおこせよ梅の花、主なしとて春を忘るな」

をはじめ、多くの和歌や俳句にも詠まれています。

七十二候はこの候が第一候となり、一年の始まりでもあります。

 

 

東の風と書いて「はるかぜ」と読みます。

七十二候(しちじゅうにこう)第一候「東風解凍 (はるかぜこおりをとく)」

 暦の上で新しい1年が始まる、春先に吹く東寄りの柔らかな風のことをいうそうです。

同窓会会報は、卒業生の旅立ちの頃に発刊されます。

そして全国の東高同窓生のもとに届けられます。

会報が、春の訪れを期待させる優しい風にのって、ふるさとの母校から同窓生の皆さんのもとに届けられるようにという気持ちを込め、

ここに、同窓会愛称を「東風(はるかぜ)」と決定させていただきました。

*七十二候(しちじゅうにこう)とは二十四節気をさらに3つの候に分けたもので、自然界の移ろいをそのまま季節を表す言葉だそうです。

 

いくつかの候補の中から、委員長片山さんのこの案が、採択されました。

東風とともに、みなさまのところにこの会報を届けるべく、会報委員会頑張っております。

宇東高同窓会会報第2号  第1回作成員会開催

昨年より、同窓会会費制が導入され、「宇和島東高等学校同窓会会報」を発行することになりました。

今年の2月に創刊号を発行。 まず、卒業式前日に行われる同窓会入会式の日に、70期生に配布。

その後、1期生~51期生へ発送しました。

 

本年度は、52期と、昨年会費を納入していただいた方、

卒業時に2年分の会費を納入されている70期に送付、

そして、本年度の卒業生である71期生に配布します。

 

10月4日(金) 18:30~  宇東高小会議室にて、第2号作成のための委員会を行いました。

会報委員と、学校側の担当の先生がた

中村先生、吉良先生、30期片山、28期宮本、28期山口

30期湖西、28期神内

今年度、広報委員長片山さんの下、2月発行に向けて頑張っていきます。

 

会員のみなさまにお願い

各期同窓会情報をお寄せ下さい(2020年3月以降に開催予定のもの)

同窓会の予定(開催日時、場所、代表者氏名など)

同窓会の報告(写真も)

このホームページの「お問い合わせ」からメールでお送り下さい。

よろしくお願いします。

 

 

 

 

同窓会新役員紹介

先ほどの定期総会で新役員が選ばれました。

会 長 川尻 純滋(30期)

副会長 宮本 照代(28期)

副会長 宮本 大右(32期)

副会長 山下 智恵(36期)

副会長 清家 裕二(40期)

監 事 朽木 正尚(21期)

監 事 菊池 祐司(23期)

以上です。

令和元年度同窓会定期総会について

去る8月11日(日)JAえひめ南のイターナルホールにおいて、令和元年度定期総会が盛大に開催され、約180名のご参加を頂きました。この日は、翌日が母校野球部の甲子園初戦ということで応援バスが21:00に出発するということもあり、応援に行かれる方や先生方は慌ただしかったと思います。

17:30から始まった定期総会では、永田幸子前会長の任期満了にともない、1月理事会において組織された選考委員会が選考作業に役員選考(案)が上程され承認されました。定期総会終了後、14期の山﨑武徳氏のあいさつで懇親会がスタートしました。懇親会は28期の此下庄一氏の司会により和やかに進められ、甲子園の前日と言うこともあり、野球部応援歌「熱球血をすすりて」に始まり、最後はボート部応援歌「思えば過ぎし」に合わせて、有志による丘ボートが披露されました。

2019高校野球愛媛県大会 優勝

本日10:00より松山市の坊ちゃんスタジアムで2019高校野球愛媛県大会の決勝戦が行われ、7対3で見事優勝を決め、9年ぶりの甲子園出場が決まりました。16:00からは宇和島東の体育館で優勝報告会も開催され選手の労をねぎらいました。また、報告会終了後、校長室において松本校長(31期)ほか教職員、玉田副市長(26期)高田PTA会長、東海林野球部保護者会長、本会からは川尻副会長が出席し寄付活動について簡単な話し合いがもたれました。

8月の総会懇親会チケット 交換ハガキ を発送いたしました。

 3月に会報とともにご案内した「払込取扱票」を利用して、年会費とともに8月総会懇親会費を6月20日までに払い込んでくださった59名の皆様に、昨日「チケット交換ハガキ」をお送りいたしました。6月20日までに会費とともに懇親会費も合わせて送金したのに届かないという方がおられましたら、HPのお問い合わせからその旨をお知らせください。

理事の改選について

 現在の84名の理事のうち、68期までの理事68名の任期は令和元年総会当日までです。

 次期(令和3年8月総会までの2年間)の理事に立候補される方は、同期の推薦を受けて「理事立候補表明書」を学校事務局、または、総会当日、会場の「黄色の提出箱」に提出して下さい。FAX等で学校事務局に提出いただいた場合、総会会場にお越しの同期の方に推薦人になっていただいたら、推薦人の多い方の表明書が有効とされますので、総会当日、原本を投函いただいたらと思います。立候補者が各期5名を超えるときは、「立候補表明書」の推薦人の多い順に5名までとなります。「理事立候補表明書」はこの記事の最後に添付しています。

 理事の氏名を期別でホームページ上に掲示致します。現在の理事は、4月1日掲載の「2019年2月28日 入会式(全日制)」の記事の最後に添付しています。青い字をクリックいただくと「理事名簿」を見ることができます。

 理事の任期は1期2年、その役割は年数回の理事会に出席し、常任理事の承認、総会提出議案その他重要案件の審議です。理事は三役(会長、副会長、監事)を兼任できません。

 新規卒業生は、全日制はクラス理事、定時制は学年理事都市、人数制限を設けておりません。任期についても、今春卒業された70期と昨年卒業の69期理事の任期は2年後の総会終了の時までです。(会則7条①項)

 

住所等変更届けのご案内

 本年3月以降、当ホームページ「お問い合わせ」に住所変更等のお問い合わせを複数いただいております。住所変更等については、宇和島東高等学校同窓会が名簿の管理を委託している小野高速印刷株式会社に下記の方法のいずれかでご連絡下さい。

① 下記URLは宇和島東高等学校同窓会が名簿の管理を委託している小野高速印刷株式会社の専用登録フォームです。

http://dousou.info/FormMail/p.htm

上記URLに進んでいただき、内容をご確認の上「同意する」を押していただくと、専用の登録フォームの頁に移ります。そのページに入力、送信していただくと、小野高速印刷株式会社 同窓会支援事業部にメールが届くようになっています。

② 1期(1950年3月卒)~51期(2000年3月卒)の会員の皆様に本年3月、年会費制導入の趣意書と払込取扱票、会報を送付致しました。合わせて2015年年発行の創立120周年名簿をご案内したところ、たくさんの方にご購入いただきました。ありがとうございます。名簿の末尾に「今後あなたの住所・電話番号・勤務先・学校等に変更があった場合には、この葉書を利用してご連絡下さい」と内側折り込みの葉書があります。その葉書を利用して住所変更等をご連絡下さい。

③ 会費払込票の住所を変更しての送金(なお、名簿購入等の受付は5月15日をもって終了致しました。) 

 変更申し出後の各種ご案内は新住所に届くようになります。なお、次の同総会名簿発行は未定です。

 

ページ