理事の改選について

 現在の84名の理事のうち、68期までの理事68名の任期は令和元年総会当日までです。

 次期(令和3年8月総会までの2年間)の理事に立候補される方は、同期の推薦を受けて「理事立候補表明書」を学校事務局、または、総会当日、会場の「黄色の提出箱」に提出して下さい。FAX等で学校事務局に提出いただいた場合、総会会場にお越しの同期の方に推薦人になっていただいたら、推薦人の多い方の表明書が有効とされますので、総会当日、原本を投函いただいたらと思います。立候補者が各期5名を超えるときは、「立候補表明書」の推薦人の多い順に5名までとなります。「理事立候補表明書」はこの記事の最後に添付しています。

 理事の氏名を期別でホームページ上に掲示致します。現在の理事は、4月1日掲載の「2019年2月28日 入会式(全日制)」の記事の最後に添付しています。青い字をクリックいただくと「理事名簿」を見ることができます。

 理事の任期は1期2年、その役割は年数回の理事会に出席し、常任理事の承認、総会提出議案その他重要案件の審議です。理事は三役(会長、副会長、監事)を兼任できません。

 新規卒業生は、全日制はクラス理事、定時制は学年理事都市、人数制限を設けておりません。任期についても、今春卒業された70期と昨年卒業の69期理事の任期は2年後の総会終了の時までです。(会則7条①項)